持ち味カード活用した研修サービス

『持ち味カード』を活用した社員の方の持ち味発見と見える化

『持ち味カード』の活用で、社員一人一人の長所および改善する項目が「見える化」できます。
70枚の『持ち味カード』を活用し社員の方が『持ち味カード』を選ぶことで、ご自分の長所と今後の能力開発ポイントが明確になります。
いままで当事務所の経験でも顧問先企業様の経営者様、社員の方に各自の持ち味を文書化して下さい。と申上げても、スラスラとご自身の持ち味を書ける方はそう多くありません。
そこで、『持ち味カード』の出番です。『持ち味カード』を活用することで、社員の方、一人一人の持ち味を見える化ができます。
会社と社員の方が部門長を含め、各自の長所について共通認識を持った上で能力開発の支援を受けられるようになるため、社員一人一人と会社の信頼関係を強固に築くことができます。

■目標設定の指針として活用

『持ち味カード』を活用することで、たとえば3ヶ月の期間での、自分の具体的行動目標を設定できるようになります。 具体的な目標設定が正しい行動を促し、職場のチーム内で共有化することで、職場内でのコミュニケーションの改善が はかれます。

持ち味カード1            持ち味カードと使用場面の例

持味カード2

■『持ち味カード』の使い方

社員の方が、ご自分で70枚の『持ち味カード』より選んでいくことで、ご自分の持ち味を「見える化」できます。 当事務所では、いい会社づくりアドバイザーとして、『持ち味カード』を活用した下記内容の社員研修サービスを実施しています。
・顧問先企業様の経営者様が実施される採用面談後に入社希望者に20分程度で面談サービスを実施。
・社員の方の担当職務内容に必要な持ち味、目標管理項目の設定。
・職場のチーム内でのコミュニケーション改善。
基本的な使い方は、“持ち味を知る”(自己分析+他者フィードバック)です。

  •  STEP ❶~❺の順で進めます。

STEP❶ はじめに、持ち味カードを箱からテーブルに並べます。
キャリア、ジョブ、マネジメントと分類します。テーブルの 手前に自分で選択した持ち味カードを並べます。

STEP❷
ピンク色のキャリア分類から、カードを1枚ずつ手に取り、「項目」と「項目定義、意味」を読んで、直感的に、 YES・?・NOを判断し、カードを並べていきます。 (標準15分間)
ポイント
キャリア→ジョブ→マネジメントの順で進める。 深く考えず、直感で分類する。 ご自分なりの判断で分類する(他人と優劣を比較しない)

STEP❸
「YES」に分類したカードを見て、普段から強く意識しているカード、拠りどころにしているカードに絞り込みます(3~5枚)
ご自分の持ち味としてカードを3枚から5枚程度を選ぶ。

STEP❹
上記❸で絞り込んだカード 選択した理由を具体的な行動事例としてメモに書き出します(過去の経験、エピソード)

STEP❺
職場の上司・同僚、面談アドバイザー、家族・友人等に、 上記❹を説明し、フィードバックを受けます。

■『ビジネスマナーカード』ご紹介

経営者様から社員の方のビジネスマナーは気がかりなテーマとうかがいます。 そのためには、経営者様が大切にしているビジネスマナーを見える化して、社員の方と共有する必要があります。

ビジネスマナーは教わるというより、社員の方がご自身での気づきが大切です。 そのためには、見える化が必要です。ビジネスマナーカードを活用し社員一人一人の得点を見える化することが可能です。職場のチームでの共有化も可能です。

職場におけるビジネスマナーを9分類・全54枚のカードにして見える化したものです。

ビジネスマナーカード1
社員の方が各自、ご自身のビジネスマナーの見える化ができます。『 ビジネスマナーカード』の活用で、社員お一人お一人の方のビジネスマナーで、各自ができている項目と不十分な項目を見える化できます。 顧問先企業様の社員の方に各自のビジネスマナーを文書化して下さい。と申上げても、スラスラとご自身のビジネスマナーを書ける方はそう多くありません。 そこで『 ビジネスマナーカード』の出番です。『 ビジネスマナーカード』を活用することで、社員の方お一人お一人のビジネスマナーを見える化できます。 経営者様が大切にしているビジネスマナーを知り、社員の方と共有することで企業様が成長することで社員の方と経営者様の信頼関係を強くすることができます。

■目標設定の指針ができる

『ビジネスマナーカード』を活用することで、たとえば3ヶ月の期間で社員一人一人の具体的なビジネスマナー改善の行動目標を設定できるようになります。 具体的な目標設定が正しい行動を促し、職場のチーム内で共有化することで、職場内でビジネスマナーの改善がはかれます。

■『持ち味カード』を活用した採用・面談サービス

顧問先企業様の経営者様より、新しい社員の方を採用面談の際、経営者様との面談終了後に面談者の持ち味を見える化して欲しいと依頼されることがこざいます。 入社希望の方から面談の場で文章でお一人お一人の持ち味を記載いただくことは、時間的にもなかなか難しいですが、持ち味カードを活用しますと、面談希望者の方が、ご自身で54枚のビジネスカードよりご自身の持ち味を見える化することができます。所要時間は約20分程度です。 当事務所では、いい会社づくりアドバイザーとして、『ビジネスマナーカード』と『持ち味カード』を活用して顧問先企業様で社員の方を新規採用する際、経営者様の面談後 に20分程度お時間をいただき、入社希望者の面談サービスをご提供しています。面談後に経営者様にご報告申し上げます。

ページトップへ戻る